個人的2018年楽曲大賞


楽曲大賞というと大仰だけどよく聴いた曲、という意味合いを込めて。女性アイドルの曲はアイドル楽曲大賞とハロプロ楽曲大賞に応募したので今回は除外しました。入れ忘れた!と思った曲とこれはアイドル外だな、と思ったのは入れてあります。

かなり恋っぽい(feat.アベカワ)- ロースケイ

盟友「寿司フレンド略して寿フレ」のアベカワがfeatされたこの配信楽曲は実に良くできたポップソング。ついつい口ずさみたくなるメロディで頭に残る。MOGRA(というかPURE IBIZA)でたくさんかかったんじゃなかろうか。

Buchiaga Lit (feat. Caryn10 & reverv kueen) – Kick a Show

アルバム全体としてとても良かったけど、ピューロランドでやったオールナイトのハロウィンパーティーでKick a Showのライブを初めてみて、この曲の強さにやられてしまった。パーティーソングってのはいいよな

今夜このまま – あいみょん

去年が強すぎたために今年はそんなに、、と思う部分もあるけども、でもやっぱりこういう曲はあいみょんにしか作れないと思うし、とても聴きたくなる。マリーゴールドもスルメ曲でとても良かった。

週末ダンスフロア – miracle2(ミラクルミラクル)from ミラクルちゅーんず!

アイドル楽曲大賞に入れ忘れた、というのもあるんだけど、これはとても素晴らしい曲なので多くの人が聴いてほしい。今の女児に送られる音楽は実に素晴らしいメッセージを携えた曲が多い。今は多様性の時代で、一人でいることはおかしいことじゃない、一人でいても最高はすぐ近くにあるとテレビの中の子たちが歌ってくれる。嬉しい時代なんだ

ふゆびより – 佐々木恵梨

ご存知「ゆるキャン」のED。2018年は多分5本くらいしかアニメを見ていないんだけどその1本。本編の終わり際にスッと入ってくるこの曲がとても素晴らしい。冬の曲って躁鬱が激しすぎるんだけど、スッと馴染むようなそんな曲でとても気に入っている

You Go Lady – 久保田 利伸

とにかく黒人グルーヴを押し出した曲なんだけどフロアでこれがかからなかったのだけが今年の後悔

Jewelry Wonderland – I-1 Club

マジでこのアニメ(WUG)に関しては何一つ知らないけど曲がマジで最高で、Twitterをやってなかったら絶対に巡り会えなかったと思うのでめちゃくちゃ感謝している

自由へ道連れ – 私立恵比寿中学

椎名林檎のカバー。なぜエビ中?という下馬評を覆す出来。アルバム『エビクラシー』を聴いた椎名林檎陣営からオファーが来たと聴いてこんな嬉しいことはないなとファンながら思ってしまった

Twilight Sunset – Sexy Zone

シングル、イノセントデイズの初回盤Bのカップリング。コントラリーパレードのたなかまゆさんが作詞曲をしており、非常に優れたメロウ楽曲

シンデレラガール – King & Prince

ぶっちぎり今年のNo.1ソング。これを超えるJ-POP、十年とかいうスパンで出てこないのではないだろうか。ジャニーズに限らずエンタテインメントに求める「救い」の全てがこの曲に含まれている

天気雨の中の私たち – 杏沙子

犬重さんがCD発売前(先行配信)でイエポでかけており知ったんですが、とても良かった。その後アトロクもゲストライブで来たりと素晴らしい

After 6 – RHYMESTER

この曲なしに今年は語れない。TBSラジオ「アフター6ジャンクション」は俺から大切な時間を奪っている。面白すぎる

MEGAROPOLIS – DEATHRO

2ndアルバム『NEUREBELL』からはこの曲がお気に入りだ。DEATHROの思い描くMEGAROPOLIS。クリスタルキングの大都会

ノーフューチャーバカンス – 上坂すみれ

作編曲は東新レゾナントことSchtein&Longer。上坂すみれはインタビューで明確に好きだったEspeciaをリスペクトした形でやりたいと。そういうテーマで作られた曲だけあって実に「おれたち」の好きな仕上がり

最後の花火 – 小西真奈美

夏のこういう曲っていうのはいくらあってもいいんだ。KREVAありがとう、小西真奈美さんをこういう形で音楽業界に送り込んでくれた功績よ

サマーフリーズ feat. 愛わなび – ザ・おめでたズ

ISHIIさん経由で知った富山のザ・おめでたズ。北陸三県についてはなんだかんだこういう音楽に関わる形で知っていけることが嬉しい。愛わなびさんは友人が推している関係で知ってはいたけど直接歌を聴くのはこの曲が初めてだったが、雰囲気の歌声であった

住所 feat. 岡村靖幸 – KICK THE CAN CREW

住所ってタイトルやばくないですか。岡村ちゃんにしか出せないセンス。それをキックの3人がしっかりと作品として包み込んでいる

去った! – 思い出野郎Aチーム

パーティーのことばかりを歌ってきたOYATだけど、前回のダンスに間に合うから徐々に見せ始めたクソみたいなこともあるけど…という視点をわりと直接的に前に出し始めた。去った!はこのアルバムの中でもまさにクソみたいなことは去った!ということを清々しく歌ってくれている。これもまた「救い」なんだな

メトロナイト – 早見沙織

年末にサブスクで配信された(ここが重要)アルバムの2曲め。シングルのカップリングだったようだけどそれは気づかなかった。これ、彼女自身の作詞作曲なんですよ。めちゃくちゃレベル高いですよ。声優として、というよりも一人のシンガーソングライターとして見つめてしまいそう。これからも期待しています

バイブスの大洪水 – 田島ハルコ

ライブで初めてこの曲を聴いたとき、「なんて高いバイブス!!!」とつぶやいたらこの曲のタイトルが「バイブスの大洪水」で自分でもびっくりしてしまった。バイブスっていうのはとても大事でそれをタイトルも聞かずに感じられるってすごいこと。「生きている遊んでいる ありえんエモみが止まらない」

That Girl – Mom

いろいろあってサブスクの配信もYouTubeも配信停止されてしまったけどとても素晴らしいフック「君のプレイリストに僕を加えてよ」が実に現代的歌詞で大好き。愛らしい顔で歌う青年でそれもまたとても好感度が高い

君にトロピタイナ – 寺嶋由芙

ご存知ノーナ・リーヴス西寺郷太楽曲なので良いに決まっているんだけどそれをやり切れる寺嶋由芙という存在が改めて素晴らしいなと思ってアイドル楽曲大賞でも書いたんだけどこちらにも書いてしまった

脳裏上のクラッカー – ずっと真夜中でいいのに。

全然知らなかったんだけどこれもTwitterで知った曲。メロディセンスと声。動画投稿以降の曲って感じなんだけどこういうセンスがどんどん出てくるのは本当に面白い

星のダイアローグ – スタァライト九九組

アニメの「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」については何も知らないんだけど、好きな要素しかないんだよね…

きっとね! – 中村佳穂

J-WAVEでやたらかかっていて気になっていた曲。NakamuraEmiと中村佳穂という才能がフックアップされる仕組みのあるラジオは最高ね

アイデア – 星野源

フットワークを今のポップミュージックに自然にぶち込み、なおかつ流行らせることができる人物。星野源め!!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください