Have a Nice Day! その華麗なるリリースとモッシュピットを生む方法を支持すべき3つの理由


2015.9.8 夜、CAMPFIREにて新たなプロジェクトがスタートした。

Have a Nice Day! その華麗なるリリースとモッシュピットを生む方法

企画の骨子はこうだ。Have a Nice Day!(ハバナイ)の3rdアルバムの音源を購入すると、LIQUIDROOMで行われるパーティーが無料になる。そのパーティーのメンツがこれだ。

Have a Nice Day!「Dystopia Romance」リリースパーティー
2015年11月18日(水)
open.19:30/start.20:00
@恵比寿LIQUDROOM
出演 : Have a Nice Day!、NATURE DANGER GANG
ゲスト : Limited Express( has gone? )、おやすみホログラム、Y.I.M
DJ : D.J.APRIL

いかにも狂ったあの男がやりそうなことだと思ってニヤニヤが止まらない。とにかくCAMPFIRE本文を読んで欲しいが、シーンを作っていくということの意味を感じることができる。何かシーンを作ろうと努力してきたり、その頑張りを見てきた人たちならその熱を感じ取ることができるだろう。だけどここでは個人的に絶対に音源を聴いて、さらにはパーティーに来てほしい。そしてこのシーンの熱を感じて欲しい。そして可能であれば、その気持ちを1,500円という形にして欲しい。なので言葉を紡ぎたいと思う。

  • 支持する理由:1
  • 親愛なるHave a Nice Day!の浅見北斗というふざけた男に1,500円を預けるだけで、最高にイカした音源が14曲手に入る。
    このBlood on the Moshpit(←歌詞起こし記事)を筆頭に、最高の曲が14曲入っている。そもそも1,500円で14曲入りのアルバムが手に入るというのはなかなかない。インディーズではままあるが、上記音源を試聴して気に入ったら絶対に買う価値のあるアルバムだ。

  • 支持する理由:2
  • 最高のパーティーへの無料招待券(なんと入場時のドリンク代も無料!)がついてくる。
    なぜ我々がこれを最高のパーティーと言い続けるのか。それはもちろん3rdアルバムの素晴らしい出来を評価してのことでもある(おそらく初お披露目の曲もあるだろう)し、ハッキリ言ってエメラルドが聴ける機会、もう11.18しかないと思う。その入場料と思って1,500円をぶん投げてみよう。あの曲がLIQUIDROOMで(アルバム音源のことを考えると)実質無料で聴けるなら、そんな投資安いもんだろ?

  • 支持する理由:3
  • トーキョーアンダーグラウンドという「オルタナ」にとって新たなライブ・音源を繋げる企画(作品)と成り得る。
    これは全ての「場」を必要とした表現をする人間にとって、新たな手法・手段になるということだ。クラウドファンディングという方法は以前から存在し、かつネットを主体とした連中が、現場で活動するために金を集める、ということはあったが、今回はある意味現場to現場、その媒介としてインターネットが存在する。ライブを主体としてきたグループが、更にそのシーン(それはつまり客も含めてってことだよ)のために自らの血肉たる音源を媒介として「場」を買い取る。この挑戦に1,500円払ってみてもいいんじゃなだろうか。

    とにかく浅見北斗の文章を読んでみて欲しい。クラウドファンディングのための文章そのものが作品足り得ている希少な存在だ。それで何かを感じたら、、、そんな思いでこの記事を閉じる。

    Have a Nice Day! その華麗なるリリースとモッシュピットを生む方法


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。


    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください